書いてないアイスクリームの賞味期限はいつまで 1年前や10年前でも食べられる

冷凍庫の奥から1年以上前の夏に買ったと思われる森永MOW(モウ)を発見しました。賞味期限を探しても、どこにも表示がありません。1年くらいなら食べても大丈夫のような気がしますが、アイスクリームの賞味期限について調べました。

アイスクリームに賞味期限はあるのか

アイスクリームに賞味期限が表示されていないのは、食品表示基準の規定で「アイスクリーム類にあっては、期限及びその保存方法を省略することができる」と規定されているためです。つまり表示してもいいけど、しなくてもいいよということです。
賞味期限はないという表現もできるかもしれませんが、省略しているというほうが正解です。

アイスクリームの劣化と保管方法

賞味期限表示をしなくてもよいということはアイスクリームは劣化しないのかという疑問が沸いてきます。
アイスクリームは温度管理さえきちんとされていれば細菌が増殖しないため、長期間保存しても品質劣化は僅かです。1年後でも10年後でもおいしく食べることが可能です。
アイスクリームの業界団体では賞味期限を表示しない代わりに「アイスクリーム類及び氷菓の表示に関する公正競争規約」で賞味期限を省略した場合、一括表示の外側に「ご家庭では-18℃以下で保存してください」、または「要冷凍(-18℃以下保存)」と保存方法を表示する取り決めをしています。アイスのパッケージをよく見るとマークや表示を発見することができます。

-18℃以下の表示

保管方法はこの-18℃以下の表示の通り、-18℃以下で保管することが基本です。この温度をキープできれば、ほとんど品質劣化しません。家庭の冷凍庫の温度設定は約-20℃ですが扉の開閉によって庫内の温度変化が大きく変化します。また冷凍庫の中でも扉のポケット部分は温度が高いので長期保存するなら奥のほうがおすすめです。
温度の変化が激しい状態で保管すると氷の結晶が大きくなったり、霜がつくなどしてしまうため、シャリシャリしたり、氷の塊のようになったり、食感が悪くなります。

アイスクリームの品質劣化の見分け方

アイスクリームや氷菓は温度管理に失敗して溶けてしまうと再び温度を下げて凍らせても元の状態にはなりません。いつ買ったのかわからないアイスクリームを発見して食べるのに迷ったらアイスクリームの外観から温度管理がされていたかどうか判断することができます。

MOWを開封

冷凍庫から発見したMOWを開封したところ、上記のような状態でした。カップアイスは初期状態で渦巻き状になっていることが多く、この形状がキープされ、表面に霜などが付いていなければ、温度管理はできていたと判断できます。

少し溶けてから再冷凍した場合、アイスクリームの中に小さな氷の粒を感じたりシャリシャリした食感になることがありますが健康被害などが起こることはないので食べても問題ありません。
個人的な経験による感想ですが少し溶けてから再冷凍した場合、ハーゲンダッツやMOWのように乳脂肪分の高いアイスクリームに種別される商品はシャリシャリ感が出やすく、スーパーカップや爽などラクトアイスに種別される商品は変化が少ないように感じます。
しかし、どちらも完全に溶けてしまうと、氷の塊のようになるので注意してください。

開封済みのアイスクリーム

個入りのアイスクリームなら一回で食べきりますが、レディーボーデンのように大容量のカップアイスは開封後も食べきれずに保存すると思います。
一度開封したアイスは、いつまで食べられるのでしょうか。
この場合も、未開封の状態の時と同じで温度の変化を抑えることができれば、品質を損なわずに長く保存することが可能です。雑菌などが付かないよう清潔なスプーンなどで手早く取り分けて残りはすぐに冷凍庫に戻すようにしておきましょう。
アイスクリームは未開封、開封済みに関わらず、温度管理をきちんとすることが、おいしく食べられる期間を延ばすただひとつのポイントです。

明治がアイスクリームの賞味期限を表示

大手メーカーのアイスクリームで賞味期限を表示しているところはありません。しかし2020年6月から大手メーカーでは初めて明治がスーパーカップを皮切りに全てのアイスクリームに賞味期限の表示を順次はじめます。
今のところ、他メーカーでは明治の賞味期限表示に追随の予定はありません。明治の賞味期限の設定は製造日から2年間ということです。この期間は明治社内で2年間の品質保持テストを行った結果から出したものですが、2年で保持テストを打ち切っているため、いつまで風味を損なわれずに食べられるのかという答えにはなっていません。
なんとなく取ってつけたような明治の賞味期限の設定には疑問が残ります。

スーパーカップ
カップ裏面に現在の製造番号に代わり賞味期限表示予定

賞味期限表示のあるアイスクリーム

大手メーカーでは前項の通り、明治が賞味期限表示をはじめますが、シャトレーゼや手作りしているようなメーカーのアイスクリームでは賞味期限を従来から表示しているものもあります。
シャトレーゼを例をあげると製造日より半年から1年程度の賞味期限になっていて、中には30日という商品まであります。

シャトレーゼのQ&Aによると

一般的に市販されているアイスは、商品を長持ちさせるため安定剤や乳化剤を使っています。シャトレーゼでは、添加物を必要最小限に減らしてお客様に安心してお召し上がり頂けるよう、添加物と同じ働きをする食品を、自然の素材の中で見つけました。例えば、安定剤の代わりに“寒天”“こんにゃく粉”“でん粉”、乳化剤の代わりに“乳たんぱく”“卵黄”、着色料には天然の色素(くちなし、紅花等)といった食品素材を使用しています。そのため、従来の商品よりは溶けやすくデリケートになっておりますので、お早めに召し上がって頂きたく、賞味期限を記載させて頂いております。

https://www.chateraise.co.jp/customercenter/faq/faq-11

食品添加物は品質の安定に優位です。添加物をできるかぎり使わないポリシーは消費者にとってはありがたいことですが、品質が変化しやすいのでしょう。
しかし、大手メーカーでも添加物をほとんど使っていないアイスクリームがあります。

MOWも乳化剤・安定剤不使用

MOW(モウ)も乳化剤・安定剤不使用ですが賞味期限は設定していません。

MOWの原材料

MOW(モウ)の原材料で添加物といえるのは香料とカラメルくらいです。どちらも天然と合成物があるので一概に悪いとも言えません。香料はおそらくバニラの香り付けのためでしょう。

ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツもバニラやストロベリーなどのシンプルなフレーバーには添加物をほとんど使っていません。価格だけでなく、品質も高いアイスクリームです。

ハーゲンダッツ・レアチーズケーキの原材料
ハーゲンダッツ・バニラの原材料

ハーゲンダッツでもアイスの上にソースがかかっているレアチーズケーキのようなタイプには添加物が入っているものの、バニラは添加物と呼べるのはバニラ香料だけです。公式サイトにはバニラビーンズを使っていると説明しているので天然由来なら添加物を気にする人でも安心です。

他にも井村屋のあずきバーなども添加物は使用されていませんが賞味期限表示はありません。
シャトレーゼの場合は消費者への安心と素材へのこだわりをアピールするためのブランディングも兼ねてあえて短い賞味期限を設定しているという見方もできます。

アイスクリームの賞味期限まとめ

アイスクリームは品質の劣化の少ない食品のため、賞味期限は特になく表示も省略することができます。-18℃以下の保存状態を保つことができれば、10年後でもおいしく食べられます。保存期間より保存状態のほうが大事という結論です。
1年以上前に購入し、冷凍庫の奥にこっそりと眠っていたMOWを開封したところ、特に見た目の変化もなく、おいしくいただくことができました。
食べるのに迷ったら、アイスクリームの状態を見て判断しましょう。

最新情報をチェックしよう!
Loading...