無印良品 MDF小物収納 木目をこだわる

無印良品 MDF小物収納シリーズ

無印良品は素材に天然木を使った商品を多く扱っています。長く使っても飽きのこない無印らしいシンプルなデザインと天然木の温かみが楽しめます。

この記事でご紹介するMDF小物収納シリーズも表面に天然木のタモ材を貼り付けて仕上げられた商品です。引き出しなど中身は、商品名の通りMDF合板が使用されています。
今回は表面に使用されているタモ材の木目について注目してみました。

MDF小物収納は木目をこだわりたい

MDF小物シリーズの商品は組み合わせて使えるように、高さや幅などが揃えられています。組み合わせて使えるのは無印商品の特徴です。

組み合わせて使えることで、あるこだわりがでてきます。並べて使うなら色や木目を合わせたいと思いませんか。同じフォルムでも、木目が異なると印象が大きく変わります。

MDF小物収納に使用されているタモ材は、木目の差が出やすい素材です。柾目(まさめ)と呼ばれる奇麗に真っすぐ木目が通った柄もあれば、板目(いため)と呼ばれる雲海のような柄が半々くらいで混ざります。

木目に板目と柾目が入り混じった1段収納

稀に黒っぽい節が正面に来ていているような木目の汚いハズレ商品もあります。同じような木目で組み合わせることが難しいのが、これまででした。

これからは木目を選べます

これまでMDF小物シリーズはパッケージが段ボールで中を確認することができませんでした。しかし、2019年に製造された商品から外装パッケージがリニューアルされ、中が見えるビニール包装に変わりました。
これまでは、運任せで選ぶしかなかった木目を自分の好きな木目で選べるようになったことを意味します。コスト削減のためにパッケージを変えただけだと思いますが、木目にこだわる人にとっては良い変更です。

左が新パッケージ

お店で買うことが前提になりますが、1段で約965グラム、6段でも1キロちょっとなので女性でも3つくらいまでなら持てる重さです。

ちょっと気になるのは、この変更で木目の汚い商品が売れ残り、商品が補充されても売れ残った商品と混じることで、 木目の汚い商品の比率が高まると思います。
現に近所のお店ではそんな感じがしなくもありません。選べるならキレイな商品から売れていきますからね。

MUJIパスポートアプリなら、各店舗の商品の在庫状況がわかるので、チェックしてから買い物にでかけましょう。

最新情報をチェックしよう!
Loading...