無印良品 iPad mini 収納におすすめな インナーケース 3選

無印良品 小物ケース

Apple最小の7.9インチタブレットiPad miniには専用のApple純正のスリーブケースが発売されていません。持ち運びに便利なタブレットですが裸でカバンやバックに入れるのは少し躊躇します。
無印良品は小物の収納に便利なケースをたくさん扱っています。iPad miniのボディサイズにぴったりな商品ももちろんあります。無印良品の商品からiPad miniにおすすめな収納ケースをご紹介します。

iPad miniと収納ケース

iPad miniの最新モデルは2019年に発売された第五世代ですが、サイズは第四世代と全く同じです。iPadのサイズの確認をしておきましょう。

iPad mini 5
 iPad mini 5iPad mini 4
高さ203.2mm203.2mm
134.8mm134.8mm
厚さ6.1mm6.1mm

次に今回、ご紹介する無印良品の収納ケース3点です。仕様を確認しておきましょう。2020年5月現在において発売中の商品です。
下記の表のサイズは外寸で実際に収納できる内寸のサイズは少し小さくなります。ポリエステルメッシュクッションケースはiPad miniとほぼ同サイズです。その他の2つはA5サイズのノートや本に合わせた収納ケースでiPad miniよりやや大きいものの適合するサイズです。
今回ご紹介するケースはいづれもソフトケースです。以前はiPad miniにちょうどよいサイズのハードケースが発売されていましたが、残念ながら廃番になっています。

 
商品名ポリエステルメッシュ
クッションケース・縦型
帆布小物ケース
平型
取り外せるペンケース付き
手帳カバー A5サイズ用
サイズ約21.5 × 15cm約25 × 18cm約25 × 18cm
価 格
(税込)
650円1,290円1,490円

ポリエステルメッシュクッションケース 縦型

最初に紹介するのはメッシュ素材の収納ケースです。

3つの中で650円(税込)と価格が最も安いケースです。100円ショップにもありそうな雰囲気の商品ですが、品質的には少し上かなという感じがします。しかし無印らしいこだわりや特徴はあまりない商品です。

iPad miniを重ねた状態

このケースのいいところは何と言ってもiPad miniのために作られたかのようなピッタリなサイズ感です。そしてダブルジップで両サイドの深い位置まで開くことができ、出し入れがしやすいのもいいですね。タブレットケースとして使い勝手が優れています。

内側は少しソフトな素材

外側はメッシュですが内側の素材はソフトな柔らかい布生地でクッション性を高めiPadを保護してくれます。しかしハードケースのように強い衝撃までしっかり受け止められるほど保護性能は高くありません。

iPad miniを入れた状態
スマートカバーを付けて入れた状態

上の画像では少しiPad miniを出していますが、ジッパーを閉めてピッタリと収まります。伸縮性のある素材のため、スマートカバーとケースを両方付けても収まります。Apple Pencilや充電器を一緒に入れることも可能ですが中で動いてしまうため、あまりお勧めはできません。

タブにApple Pencil

タブの部分にApple Pencilを差し込んで収納することができます。振っても外れることはありません。このままカバンに入れるのは、あまりお勧めではできませんが、ペンにカバーなどを付けていたら通すことができないくらいジャストフィットします。

ポリエステルメッシュクッションケース 総評

バッグなどにインナーケースとして使用するのにちょうどよいサイズ感と保護性能です。iPad mini専用ケースと呼んでもいいと思います。中でガタつくこともありません。強いて注文を出すなら、外側か内側にApple Pencilを収納できるようなポケットがあれば完璧でした。

帆布小物ケース 平型

生地に帆布を使ったオシャレなケースです。本来の用途はA5サイズのノートと文房具などの小物を収納するためのケースです。

生地のアップ

独特の味のある素材の帆布ですが、帆船の材料として使用されていたのが名前の由来で綿で織られた平織の厚手の生地です。丈夫で耐久性があり、汚れも目立たないことから、バッグやシューズなどの素材としてもよく使用されています。

内側は白ベースの帆布

内側は白い帆布が使用され、良いアクセントになっています。

サイズはiPad miniと重ねると上下左右に2.4センチほど隙間ができますが、内寸でいうと2センチほどの隙間です。

iPad miniを重ねた状態

スマートカバーやケースを付けた状態でもスッと入れることができます。

スマートカバーを付けてもOK
クッションケースも収納OK

最初にご紹介したポリエステルクッションケースも収納することができます。

ポケット収納が便利

外側のポケット収納にApple Pencilや充電器など、備品を入れておくことができます。スペースは広めでスマートフォンなどたくさんの小物を収納できます。

帆布小物ケース 平型 総評

無印らしいオシャレなこだわりを感じるケースです。見た目という点では今回紹介する3つの中で最も優れていると思います。ポケットがあるのも利点です。
弱点はクッションがないため保護性能が弱いこと、スペースに余裕があるためケースの中でiPadが少し動くことが挙げられます。カバーやケースを付けずに裸のまま入れるのは少し抵抗があります。iPad miniを裸で使用している人は最初にご紹介したポリエステルクッションケースと併用して弱点をカバーするのもいいかもしれません。

取り外せるペンケース付き手帳カバー

商品名は手帳カバーですがカバーというより収納ケースと呼んだほうがしっくりきます。本来の用途はA5サイズの手帳やノートと文房具などを収納するためのケースです。

取っ手が付いてる

取っ手が付いていて持ち運びに便利です。他の2点はインナーケースに向いていますが、このケースは単体でも小さなバッグとして使うことができます。

素材はナイロン

素材はナイロンでサンワやエレコムなどサプライメーカーのPCバックに使われていそうな雰囲気です。

iPad miniを重ねた状態

帆布小物ケースと同じ外寸ですが、内寸はこの手帳カバーのほうが小さめです。

内部仕切りが便利

ケースの内側に仕切りがあります。iPad miniを収めるのにちょうどよいポケットがあり、ここに入れるとiPadが固定され、中で動いたりすることはありません。
スマートカバーやケースを付けたまま収納できます。

取り外し可能なペンケース

取り外し可能なペンケースが付いていて、ここにApple Pencilや充電器も収納可能です。iPad miniと一緒にA5サイズのノートや手帳など薄いものなら収納する余裕があります。

取り外せるペンケース付き手帳カバー 総評

無印らしさのあるケースではありませんが、3つの中で機能と収納力で評価すると最も優れています。サイズ感的にもiPad miniがピッタリと収まります。専用ケースと言ってもよいレベルです。
ケースに厚みがあるため、iPad miniを収納しても他に小物をいろいろ収納できる点も評価できます。
弱点はクッション性があまりないので保護性能が弱いことくらいです。帆布小物ケース同様、最初にご紹介したポリエステルクッションケースと併用して弱点をカバーするのもいいかもしれません。

iPad mini 無印良品収納ケースのまとめ

いかがでしたでしょうか。3つは違うタイプの収納ケースで、それぞれに魅力があります。実用性を重視するなら手帳カバーだと思いますが、個人的には実用性より見た目を重視し、帆布小物ケースとポリエステルクッションケースを併用してバッグに入れたり、インナーケースとして使っています。
3つとも価格的に手頃で汎用性も高いケースです。iPad miniに使用しない場合もノートや小物入れのケースとして活用できると思います。

最新情報をチェックしよう!
Loading...