2019 古いレターパック封筒を増税後も使う方法

消費税10%に伴い郵便料金が値上げ

2019年10月より消費税率が8%から10%に引き上げられました。この増税に伴い一部を除き、郵便料金も値上げとなりました。

レターパックはこの値上げの対象となり、レターパックライトは360円から370円に、レターパックプラスは510円から520円へと10円ずつの値上がり、専用封筒も一新されました。

レターパックライトは360円から370円に
レターパックプラスは510円から520円に

古いレターパック封筒に切手を貼って使う

360円と370円のレターパック封筒はそのまま使用することができます。しかし不足分の10円切手を貼り付ける必要があります。貼らないと料金不足で戻ってきます。

切手を貼る位置は郵便局の人がパッと見て確認しやすいオモテ面の左上、それぞれ360、510の下あたりに貼っておきましょう。

左上のこの位置がおすすめ

窓口で新しいレターパック封筒と交換

そのまま古いレターパック封筒に10円切手を貼って利用することもできますが、場合によっては相手先に失礼にあたるケースもあるでしょう。

そんな時は新しいレターパック封筒と交換することもできます。

ハガキなどと同様にレターパックなどの専用封筒も宛先の書き間違えなどで、そのまま使いたくないような場合でも、交換手数料を払えば新品の封筒と交換できます。
レターパックの交換手数料は42円です。料金の不足分の10円と合わせて合計52円を払えば、古いタイプのレターパック封筒を新しいレターパック封筒に交換してもらうことができます。
但し、370、520など料金を表す印字部分に汚れや破れなどがあるものは無効となり、交換できません。

交換できる場所は郵便局の営業時間内の窓口だけで、時間外のゆうゆう窓口では交換は受け付けてくれません。大きな郵便局は土日も窓口営業しているところがありますが、交換に出かける時は窓口の営業時間に注意しましょう。

まとめ

レターパックはもともと2003年から2014年まで発売されていたエクスパック500がベースとなり500円の料金でスタートしましたが、今回で2回目の値上げです。

レターパックのように専用封筒を使うタイプの商品は、封筒の料金に送料も含まれているため値上げされるとストックしていたものを使う時、非常に厄介です。

郵便局の扱う商品では、ハガキ、ミニレター、スマートレターもレターパック同様、値上げで新タイプの商品に切り替わりますが、差額分の切手を貼れば、古い商品もそのまま利用することができます。

細かい切手を準備するのも面倒です。早めに使い切ってしまいましょう。

最新情報をチェックしよう!