酵素の効果の嘘ホント 酵素ドリンクや酵素サプリの本当の効果とは

酵素といえば、何度かのブームを乗り越えて定番の健康食品となった感があります。しかし、実際のところ酵素ってなにかよくわからないという人も多いと思います。酵素の働きと健康との関わり、そして酵素ドリンクやサプリの実態について解説します。

酵素とは

酵素についての知識を付けないとはじまりません。まず酵素とは何かについて説明します。
普段わたしたちが口にしている肉や野菜など、酵素はほとんど全ての食べ物に含まれるタンパク質です。なんら特別なものではありません。人間も自分の体で酵素を作っています。
また一言で酵素といっても人間が自らの体で作っている酵素や肉や野菜に含まれる酵素の種類や働きは違います。

酵素はほとんどの食物に元々含まれる

人間の体内で作られる酵素とその働きを例にあげると、唾液に含まれる酵素アミラーゼは、米やパンなどに含まれる炭水化物を分解し、ブドウ糖や麦芽糖に変え、胃や腸の消化液に含まれる酵素プロテアーゼは、お肉や魚に含まれるタンパク質を分解し、アミノ酸に変えてくれます。これらの酵素はそのままでは吸収できない食物の栄養素を腸から吸収できる形に分解する働きを体の中で担っています。
その他にも人間の体内にある酵素は3000種類以上発見されていますが、酵素の働きで人間は食べ物から栄養を吸収し、エネルギーに変えて生きることができるのです。
同じように動物や植物も自ら酵素を作り出し、生命を維持しています。

酵素と健康の関わりについて

人間の体内で作られる酵素の働きについて、もう少し詳しく説明します。人間の体内で作られる酵素(ここからは体内酵素と略します)はその働きから「消化酵素」と「代謝酵素」に分類することができます。 消化酵素は、先の項で説明したアミラーゼや プロテアーゼのように食物の消化・分解・吸収に必要な酵素のことで、代謝酵素は、栄養素をエネルギーに変え、呼吸や手足を動かす、物事を考える、新陳代謝などを行うのに必要な酵素で、わたしたちが生活する上で必要な一連の活動すべてに関わっています。

例えば暴飲暴食すると食べたものを消化するのに消化酵素を多く必要とします。キャパ以上に食べ過ぎると必要な胃液が足りず胃もたれを起こすのをイメージするとわかりやすいと思いますが、 酵素が不足すると体調に影響します

暴飲暴食はやめましょう

酵素ドリンクやサプリがアピールする効果とは

酵素と健康の関わりについて前項で説明しましたが、人間の体内で作られる酵素量は加齢と共に減り、特に40代を過ぎると大きく減少することがわかっています。
年齢を重ねると、脂っこいものが苦手になったり、同じ量を食べたのに太りやすくなったと感じるのも、加齢による体内酵素の減少が関係しています。
酵素ドリンクやサプリは、この酵素不足を食品で補うことで、健康な体や太りにくい体を作るというコンセプトで成り立っています。
酵素と名の付く商品の広告を見るとワンパターンで、酵素不足だから痩せない、肌が荒れる、体調が悪いなどという切り口から入り、それを補う酵素がたくさん入っていることを宣伝している商品が多いのに気づくと思います。

酵素ドリンクやサプリが人間の体内酵素の代わりになるのか

結論から書いてしまうと代わりにはなりません。その理由を説明していきます。

酵素は熱に弱いという性質を持っています。酵素はタンパク質の固まりです。タンパク質の豊富な卵の白身を加熱すると白く固まるように酵素も熱で変質し、消化・分解など酵素が持っていた本来の働きを失います。
例をあげると料理で肉を柔らかくする裏技にパイナップルジュースに浸してから調理する方法があります。これはパイナップルに含まれるタンパク質を分解する酵素プロテアーゼの力を利用しています。他にもタマネギやキーウィなどにもお肉を柔らかくする酵素は含まれています。しかし、市販のパイナップルジュースで肉は柔らかくなりません。ジュースに加工する時の熱の影響や時間経過とともに酵素が変質し分解する力を失っているからです。
多くの酵素ドリンクやサプリが販売されていますが、例えば飲料の場合、清涼飲料水として販売するには、食品衛生法で85℃での加熱殺菌が義務付けられています。サプリも粉末化やカプセル化をする際に加熱します。酵素商品といっても変質した酵素が含まれているに過ぎません。

酵素食品に詳しい方なら、酵素が熱に弱いということをご存じだと思います。そして活きてるとか生であることを売りにした過熱処理していない酵素食品を選んでいるのではないでしょうか。業者も酵素が熱に弱いことを知っていて対策した商品を出しているわけですね。
しかし、仮に酵素が変質していなくても、酵素は酸に弱いという性質も持っています。酵素が状態を保っていても口に入ると胃酸などの体内酵素で消化分解されてしまいます。

仮に異常な活性をもった不死身の酵素が奇跡的に胃を通り抜け、栄養分を吸収する腸まで達したとしても、それでもやはり腸壁から体内に酵素のまま吸収されることはありません。人が腸壁から吸収することのできる最大のサイズは分子量600以下(数値が大きいほどサイズが大きくなる)までと言われています。酵素は種類も様々でそれぞれでサイズも違いますが、分子量が千~数百万と大きいため、吸収されることなく便として体外へ排出されます。

さらに超常現象のように酵素の形を保ったまま、腸から吸収されたとしても、ただの栄養として吸収されるに過ぎず、人間の体内酵素の役割を果たすことはありません。

つまり、どこからどう考えても酵素ドリンクやサプリのコンセプトは間違っていると言わざるを得ないのです。

酵素ドリンクやサプリは悪なのか

ここまで説明してきて酵素商品にガッカリされた人がいるかもしれません。そんなわけのわからないものなら摂る必要がないのではと思うでしょう。

酵素と商品に名付けているのが間違いの素です。そして酵素商品が人間の体内酵素を補うように印象づける宣伝方法に問題があります。

多くの酵素商品は野菜や果物を熟成し発酵させたエキスを〇種類の植物酵素などと説明し、酵素〇〇と名付けて販売していますが、酵素はデリケートです。長期の熟成に耐えられるほど強くはありません。食物に元々含まれていた酵素は熟成の間に変質し、〇種類の酵素ではなく〇種類の変質した酵素へと変わります。つまり、ただのタンパク質です。

発酵には〇〇菌といった微生物の力を使いますが、微生物が野菜や果物をエサにして出す代謝物質にも酵素が含まれています。つまり野菜や果物の酵素が入った商品ではなく強いて言うなら微生物酵素が正しい名称だと思います。

フォローしておくと微生物の代謝物質というと何となく嫌な響きですが、野菜や果物をただ絞っただけのジュースよりも、微生物の代謝物は有用なものが多く、さらに凝縮されているため栄養素が多く含まれています。発酵の力によって胃や腸にもやさしい優れた食品に変化します
酵素商品の広告によく見かける感想でお肌の調子がよくなった、スッキリしたというコメントが紹介されるのは、このためでしょう。サクラレビューかもしれませんけどね。

酵素の力と表現するより、味噌や納豆、ヤクルトやヨーグルトなどと同じ、発酵食品の力と表現したほうがピッタリくるかもしれません。

ちなみに納豆の発酵には納豆菌を使いますが、納豆菌が代謝して出すネバネバしたお馴染みの成分はナットウキナーゼという酵素です。酵素商品の定義からいうと熱処理を加えていない最強の生の酵素と呼んでもよいでしょう。
ナットウキナーゼには血液サラサラ効果もありますし、納豆自体もコレステロールもゼロ、高タンパク低カロリー、食物繊維やイソフラボンも豊富です。そして納豆の原材料は安い納豆でも納豆と納豆菌のみで添加物もなく安心です。市販のタレは添加物たっぷりですけどね。

食品の酵素とうまく付き合う

健康の維持には、酵素の働きが大事なことは確かです。しかし健康食品で人間の体内酵素を補うのが無理なことはご理解いただけたと思います。

加齢と共に酵素が減少するのは自然なことで上手に付き合うことが重要です。

料理をされる方なら実践されている方もいるかもしれんが、先にも少し触れたようにタマネギやパイナップル、キーウィなどには、プロテアーゼやプロメラインといったタンパク質を分解する酵素を含んでいます。下ごしらえで液につけておけば、安いお肉でも柔らかく食べることが可能な上に胃や腸の負担を軽減してくれます。

食事の組み合わせを気をつける方法もあります。例えば定番のサンマに大根おろしの付け合せは、一緒に摂ることで、大根に含まれる酵素・ジアスターゼが消化を助けるだけでなく、整腸作用も発揮してくれます。その他にもお肉とキャベツなどの組み合わせでも、胃腸薬キャベジンでお馴染みの成分が消化を助けてくれます。

暮らしの知恵として知らず知らずのうちにやっていた人も多いでしょう。食事で使う体内酵素をセーブし、体に負担をかけない生活を送ることが重要です。

まとめ

ダイエットで、酵素が注目されてから、しばらく経ちますが、誤った情報が氾濫しています。健康食品を摂取してもダイエットに直接つながるものではありません。

酵素と名の付く商品に限ったことではありませんが、健康食品はあくまでも補助食品として考えるのが正解です。健康食品を摂取したところで急激に痩せるようなことはありませんし、何か急激に健康状態が改善することもありません。もしそのような効能があれば、医薬品として認められ、世界中で大ヒットし、作った人は富豪になることでしょう。

また特保商品のように医薬品ほどではありませんが一定の効果を国から認められた商品もあります。しかし、特保の持つ体にいいイメージや商品のキャッチコピーを鵜呑みにせず、特保として認められている成分を調べ、摂取の仕方や摂取量などをしっかり確認した上で摂ることが効果を得る上で重要です。また特保商品が特別ではなく、特保指定されていない類似商品でも同じ成分、つまり同じような効果が類推できるものはたくさんあります。特保の取得には時間と費用がかかる分、価格はかなり割高になります。

健康食品や野菜ジュースを買っています

本来は新鮮な肉や野菜を食べるのが一番です。保存や加工を繰り返すたびに栄養素は減っていきます。ジュースも新鮮な果物や野菜の搾りたてのジュースと市販の野菜ジュースを比べると市販のジュースの栄養分は見劣りします。しかし糖分のように減らしたい成分は減少せず野菜ジュースメーカーは目を覆いたくなるような状態になります。
しかし、現実がそうであっても忙しい現代人には手間のかかる食生活は難しいのが実情です。

わたしも健康食品や野菜ジュースを購入していますし、全面的に否定するつもりはありません。健康食品の現実を知ったうえで補助として摂っています。
適度な運動をしてストレスを溜めないこと、健康食品に頼らないバランスの良い適量の食事を続けることが、体内酵素の節約にも健康にもつながります。
当たり前のことだと思われるかもしれませんが、毎日のことですから、自分の生活に合った無理のない習慣を身につけることが重要です。

最新情報をチェックしよう!
Loading...