AppleCare 後から途中加入する方法

iPhoneをはじめiPod、iPad、Mac、Apple WatchなどApple製ハードウェアには1年間の限定保証と90日間の電話無償サポートが付いています。
さらにAppleの追加保証プランAppleCareへの加入で保証内容をグレードアップし、期間を2年に延長することができます。

この記事では、AppleCareの加入条件、加入の方法、注意点などを解説します。

AppleCareとは

AppleCareは1年限定保証を延長させるサービスです。過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、格安のサービス料で2回まで受けることができ、エクスプレス交換サービスを利用したり、Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます。

AppleCareにはAppleCareとAppleCare+という2種類のサービスがあります。
AppleCareの対象製品は現在はAppleTVのみ、他のiPhoneやMacなどの製品は全てAppleCare+の対象製品です。
+のありなしで呼び方は違いますが、その区別に意味はありません。保証内容は対象の製品毎に加入料金や期間、修理料金まで違います。

この記事では、2つのAppleCareを総称してAppleCareと呼ぶことにします。

新しく追加されたAppleCare+ 盗難・紛失プラン

AppleCare+ 盗難・紛失プランは、AppleCare+に盗難や紛失に対する保証を加えたプランです。盗難や紛失の際に2回まで代替品(整備品)を安く入手することができます。
例としてiPhoneなら11,800円(税別)です。

盗難・紛失に対する保証を受けるには、デバイスの盗難または紛失が発生した時点で、そのデバイス上で「iPhoneを探す」が有効になっていることが必要です。

 例)iPhone XRの加入料金

AppleCareに加入するための条件

AppleCareは対象製品の購入日から起算して30日間だけ加入することができます。条件はそれだけです。

Apple Store(公式サイト含む)ならデバイス本体の購入時に一緒にAppleCareプランを購入することができる他、ヨドバシやビックカメラ(オンラインショップ含む)など一部の大手量販店でも一緒に購入することが可能です。量販店ではAppleCareのみの購入はできません。
ビックカメラならAppleCareの購入にも5%分のポイントが付くのでお得です。
しかし、大手量販店のApple製品の販売価格はほとんどの場合、AppleStoreと同じ定価なので、価格コムに掲載されているようなショップと比べると本体+AppleCareの合計価格が絶対的に安いと言えるかは微妙なところです。

AppleCare 後付けの加入方法

後付けの購入方法は大きく分けて全部で3つあります。支払い方法に現金が使えるのはAppleStoreだけです。オンラインでの支払いにはクレジットカードしか使用できません。

Apple Store

Apple Storeへ加入対象のデバイスを持ち込んでAppleCareに加入したい旨をスタッフに伝えましょう。修理と違い、予約は必要ありません。

Apple 公式サイト

公式サイトはチャット、電話などでサポートスタッフとやり取りをしながら購入するパターンとユーザー自ら全て完結できる2パターンがあります。
いずれの場合も手順はほぼ同じです。

デバイス本体から

iOSデバイス(バージョン12.2以降)に新しく追加された方法で、設定アプリからAppleCareを購入します。最も短い手順で完結します。

3つの方法の中から手軽に手続きできる公式サイトでユーザー自ら購入まで全て完結するパターンとデバイスから購入する2つの手順を解説していきます。

公式サイトから購入する

加入対象のデバイスとそのシリアル番号、支払いに使うクレジットカード、Appleとの連絡用メールアドレス、Apple IDを用意します。Apple IDをお持ちでない場合、手続きの途中で作成することも可能です。

大まかな手続きの流れ

保証状況の確認ページでシリアル番号(IMEIでも可)を入力し、デバイスがAppleCareの加入対象か確認します。

保証状況確認


AppleCareの加入条件を満たしている製品には、AppleCare製品のサポート対象という項目が表示されます。「内容を確認して購入」のリンクをクリックして手続きを開始します。


2つのAppleCareプランから希望のプランを選択します。

Apple IDでログインします。

デバイスが正常動作しているかオンラインでテストします。

規約への同意、住所・氏名など購入者の情報を入力します。

クレジットカードの情報を入力し、支払い手続きを行います。

設定アプリから購入する

加入対象のデバイスと支払いに使うクレジットカード、Appleとの連絡用メールアドレス、Apple IDを用意し、ログインしておきます。

大まかな手続きの流れ

iosデバイスから設定アプリを開き「一般」「情報」と進みます。AppleCareの加入条件を満たしている製品には「AppleCare+保証が利用可能です」という項目が表示されるので、ここをタップして手続きを開始します。


2つのAppleCareプランから希望のプランを選択します。

規約への同意、クレジットカードの情報を入力します。

住所・氏名など購入者の情報を入力し、支払い手続きを行います。

公式サイトから手続きするケースと比べ、デバイステストが省略されます。

まとめ

AppleCareを後から付ける方法について解説しましたが、意外と簡単に手続きできると感じた人も多いのではないでしょうか。
AppleCareは量販店など独自の延長保証に比べ料金が高く、購入時に同時加入するか迷っても、後付けで簡単に加入できるので少し考えてからでも遅くはありません。
また実は購入と同時にAppleCareに加入した場合でも30日以内にAppleCreを解約すれば全額返却される仕組みになっているので、どちらにしても30日間は考える猶予があります。

最新情報をチェックしよう!