AppleCareを解約 返金してもらう方法

途中の画像はイメージで内容はマジメです。

Apple製品を購入した時にAppleCareに入って、使わなくなっても入りっぱなしの人も多いのではないでしょうか。
AppleCareは保証期間は基本的に2年です。
Apple製品の多くの新商品までのサイクルは1~2年程度ですから、AppleCareを使い切らずに新しい製品に買い替えることもあると思います。

うへっ。新しいの買ってやった。

あまり知られていませんが、AppleCareは30日以内に解約すれば全額返却されます。30日以上経って途中解約した場合でも残存期間に応じた金額が返金されることになっています。

哀しい。知らなかった…
解約するぞー。

AppleCareの解約方法と返金方法について解説します。

Apple StoreでAppleCareに加入した場合の解約・返金する方法

Apple StoreなどApple公式から加入できるAppleCareは一括払いだけです。ちなみに海外では月払いの支払い方法も選択することができますが、2019年10月現在、日本では選択できません。

返金される金額

30日以内の解約は全額が返金されます。
31日目以降の解約は、残存期間に応じて日割り計算を行い、そこから手数料10%を差し引いた額が返金されます。
Appleの規約では以下のように説明されています。

購入後 31 日以降に AppleCare プランを解約される場合は、プランの保証残存期間の割合に基づいて按分計算した金額から、すでにご利用になったサービスの対価を差し引いた残額を返金いたします。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202704

上記の内容を補足すると、解約するまでに何らかの保証サービスを使った場合、AppleCare+の料金から利用した保証サービス(通常の修理価格)が差し引かれ、さらにその残金から手数料10%を差し引いた額が返金額となります。
よって一回でも有償修理を利用すると多くの場合、AppleCare+の料金をオーバーするため返金額は0円となります。

命が惜しかったら、おれの返金額を教えろ。

用意するもの

AppleCare+解約時には以下の情報が必要になります。事前に確認しておきましょう。

  • AppleCare+の契約番号(登録書に記載)
  • デバイスのシリアル番号
  • 契約者の氏名
  • 返金してもらう銀行口座

AppleCareを契約すると差出人名「Apple Support」から件名「AppleCare+ 登録書」でメールが送られてきます。
このメールに契約番号など必要な情報が載っています。

大まかな手続きの流れ

AppleCareの解約の受付は電話からのみです。Appleサポートのフリーダイヤルに電話します。

0120-277-535

Appleサポートに解約したい旨を伝えると契約番号など解約に必要な事項を確認されるので伝えましょう。
Appleサポートがおよその返金額を教えてくれます。
返金先の口座を伝えて手続き終了です。


15日以内に指定の口座へ返金されます。
わたしの場合は、電話した2日後に入金されました。


か・解約お願いしますぅ。

キャリアでAppleCareに加入した場合の解約方法

docomo、au、softbankなどキャリアのAppleCareの契約は月毎の支払いになっていると思います。月払いのケースでは解約しても返金はありませんが、回線を解約するまで課金が続きます。 使用しない場合は早めに解約手続きをしておきましょう。
解約した日から保証はなくなります。解約月の日割り計算は行われません。 料金はどのタイミングでも1カ月分かかるので月末の解約がおすすめです。

docomo(ドコモ)のAppleCareを解約

docomoのAppleCare+を解約する方法は3つあります。
中でもMy docomo(マイドコモ)で解約する方法が自宅からオンライン上で簡単にできるのでおすすめです。「ご契約内容確認・変更」メニューの中に解約メニューがあります。

  • 「My docomo」(オンライン手続き)で解約
  • ドコモ携帯電話から「151」に電話して解約
  • ドコモショップで解約(要身分証明書)

auのAppleCareを解約

auのAppleCare+を解約する方法は2つあります。 auは3キャリアの中で唯一、オンラインでの解約ができません。

  • au携帯電話から「157」に電話して解約
  • auショップで解約(要本人確認書類)

softbank(ソフトバンク)のAppleCareを解約

softbankのAppleCare+を解約する方法は2つあります。中でもMy Softbankで解約する方法が自宅からオンライン上で簡単にできるのでおすすめです。「AppleCare+」の項目の「変更」から手続きすることができます。

  • 「My Softbank」(オンライン手続き)で解約
  • ソフトバンクショップで解約(要本人確認書類)

AppleCare 解約方法のまとめ

Apple公式のAppleCareの加入料金は新しく製品が出るたび、値上げされる傾向があります。
正直、高いなぁと思いますが、返金を受けることが可能なので、実質月払いと同じような感覚で加入できるということも意味しています。

新しいモデルを買って使わなくなった時や手放す時などAppleCareが不要になったら、すぐに解約しておきましょう。

俺のようにやれ!
最新情報をチェックしよう!