Apple Pencil 故障と修理

2018年秋、第3世代iPad Proと共にApple Pencilにも第2世代が登場しました。
その後に発売された新しい第3世代iPad Air、第5世代 iPad mini 、第7世代iPadなど全てのiPadでApple Pencilが使用可能になったものの、対応するApple Pencilは新しい第2世代ではなく、初代Apple Pencilのみという意外な状態になっています。

その結果、初代Apple Pencilの存在感が増しましたが、初代の登場は2015年11月で、なんと発売から4年以上経過しています。
時間の経過に伴い、故障したApple Pencilを見かける機会も増えているのではないでしょうか。

Apple Pencilの故障と修理について、そしてトラブルを避ける方法を解説します。

Apple Pencil 故障の症状と解決法

Apple Pencilにはエラーを示すようなランプがありません。トラブルが起こっても、外観からはわかりません。よくあるトラブルの中には簡単に自分で直せるものもあるので、サポートに連絡する前にまずは試してみてください。サポートにも試すように言われます。
初代Apple Pencilを例に手順を解説しますが、第2世代でもペアリング方法が違うくらいで手順は同じです。

Apple Pencilでうまく線や文字が書けない

Apple Pencilをペアリングし、線は描けるものの途切れたり、思った通りに描けなくなったケースです。


解決法

  • ペン先の汚れや傷を確認。
  • ペン先(Apple Pencil tip)の交換。
  • iPadの電源を切って再起動。
  • iPad本体でペアリングを解除し、再ペアリング。

ペン先(Apple Pencil tip)を柔らかい乾いた布で拭き、汚れを落とします。それでも解決しない場合は、ペン先の摩耗や傷がついている可能性があるので、ペン先を反時計周りに回して外し、スペアのペン先に交換します。ペン先は消耗品です。
次にiPadを再起動してみましょう。それでも解決しないならiPadの設定画面から Bluetoothの設定項目へ進み、ペアリングリストにあるApple Pencilをタップしてペアリングを一旦解除します。次にApple PencilをLightningコネクタに挿し、再度ペアリングを行います。

ペン先を確認

充電済みでApple Pencilを認識しない

充電はできているのに画面上で認識せず、線が描けない状態になってしまったケースです。充電できているのか不明な場合でも、とりあえず試してみてください。


解決法

  • ペン先の緩みを確認。
  • iPadの電源を切って再起動。
  • iPad本体でペアリングを解除し、再ペアリング。

ペン先(Apple Pencil tip)が緩んでいると認識しません。しっかり時計回りに回して閉めます。それだけで解決する場合もあります。次にiPadを再起動してみましょう。それでも解決しないならiPadの設定画面から Bluetoothの設定項目へ進み、ペアリングリストにあるApple Pencilをタップしてペアリングを一旦解除します。次にApple PencilをLightningコネクタに挿し、再度ペアリングを行います。

Apple Pencilの充電ができない

Apple PencilをLightningコネクタに挿しても充電ができなかったり、できるものの進まない、ペアリング要求のメッセージが一瞬表示され、すぐに消えてしまうようなケースです。まずiPadとペアリングされているデバイスのバッテリーの状態が確認できるようにしておきましょう。

バッテリー充電状態の確認方法

Apple Pencilのバッテリーの状態はホーム画面をスワイプし、ウィジェット画面で確認することができます。初期状態ではバッテリーの項目は非表示となっています。以下の手順をお試しください。

画面を一番左までスワイプし、ウィジェット画面を開きます。初期設定ではバッテリーについての情報は表示されていません。赤矢印の編集をタップします。

ウィジェットを追加の画面に移動し、バッテリーの項目をタップします。

完了をタップし、ウィジェット画面に戻るとバッテリーのウィジェットが追加され、iPad本体とiPadに接続されているデバイスのバッテリーの状態が表示されるようになります。


解決法

  • ペアリングの状態をチェックする。

iPad本体のLightningコネクタから充電できない場合はiPadの設定画面からBluetoothの設定項目へ進み、リストにあるApple Pencilの状態を確認します。未接続となっていればタップし、ペアリングを完了させてください。iPad本体から充電する場合、ペアリングしていないと充電されません。


解決法

  • 端子の状態をチェックする。

コネクタの端子に汚れが付着していないか確認し、エアダスターや乾いた布などできれいにします。


解決法

  • 充電元を変更する。

iPad本体にApple Pencilを挿して充電している場合は、付属品のLightning アダプタを使ってお手持ちのUSB充電器など充電元を変更して充電できないか試してください。充電0%の状態で長期間放置していた場合は、最低3時間以上充電を続けてみてください。
バッテリーのダメージが少なければ復活する可能性があります。


Apple Pencilの故障で比率の高いバッテリートラブルは、バッテリーとして内蔵されているリチウムイオン電池の劣化が原因の可能性が考えられます。100%を超えて長時間充電し続けたり、充電0%の状態で長期間放置しないようにしましょう。電池を痛める原因となります。
Apple pencilは電源のオンオフができません。フル充電していても10日程度で充電0状態になります。
長期間保管する場合は充電0状態が続くことなってしまいますが、それを防ぐにはApple Pencilを50~60%充電した後、接続しているiPadの
ペアリングリストから削除しておきしましょう。ペアリングリストから削除すると、ほとんど放電しなくなります。
関連記事

Appe Pencilの故障で最も多いのがバッテリートラブルです。バッテリーは消耗品で放充電を繰り返すとバッテリーに溜められる電気量が減少し、やがて機能しなくなります。バッテリーのサイクル劣化と呼ばれる現象です。バッテリーのサイクル[…]

改善しない場合

解決法を試しても改善しない場合はApple サポートへ連絡してください。

Appleサポート 利用方法

Appleのサポートへ連絡する前に前項で説明した解決法を試してください。
それでも改善しなかったことを伝えるとスムーズにやり取りが進みます。

サポート利用前に確認しておく情報

シリアルナンバーは必須です。その他に電話もしくはチャットサポートを利用する場合にはサポートからトラブルへの対処方法を試したか、代替品の送付先の氏名・電話番号・住所・メールアドレス、支払い方法(クレジットカードか代金引換か)を確認されます。クレジットカード払いの場合は手元に準備します。
チャットでサポートを受ける場合は、時間短縮のため事前にテキストファイルにまとめて書いておくといいでしょう。

シリアルナンバー

Apple Pencilのシリアルナンバーは、箱裏のラベルと本体のキャップを外したコネクタ部分に記載があります。中古で購入した場合は箱と本体が別という可能性もあるので、本体のシリアルナンバーを確認したほうがいいでしょう。

保証の確認

下記のAppleのサポートページでApple Pencilのシリアルナンバーを入力すると保証状況の確認が可能です。Apple Pencilの保証期間は1年間です。
もし期間が正しくない場合、レシートや納品書など購入証明になるものを提示し、期間の修正が可能です。チャットサポートならレシートや納品書の画像をチャット内で送信し、修正してもらうこともできます。

Appleサポートへ連絡

Appleのサポートは電話やチャットでの問い合わせ、持ち込み修理の依頼も最初は、Apple サポートサイトで該当するデバイス、そして不具合の症状を選ぶことからはじまります。

保証状況ページ

前項でも開いた「保証状況とサービス期間」ページでシリアル番号を入力、「修理サービスを申し込む」リンクを押して進みます。

問題の選択画面

充電できないような不具合なら「バッテリー、電源、および充電」と続けて選択していきます。
あとは持ち込み修理(Apple Storeなど正規サービスプロバイダの予約)、電話やチャットなど希望の方法でサポートを利用すれば大丈夫です。

故障品の送付と代替品の受けとり

持ち込み修理の場合は、あらかじめ予約したApple Storeなど 正規サービスプロバイダに故障品を持ち込めば、状態の確認のあと代替品と交換してもらうことができます。修理費用はその場で払います。予約が空いていて1日でも早く交換したいなら持ち込み修理がおすすめです。配送修理でも代替品の在庫状況によるものの早ければ翌日、通常なら2~3営業日で代替品を受け取ることが可能です。
配送修理の場合は、代替品の到着時に代替品と引き換えに配達員へ故障品を渡します。支払い方法に代金引換を選んだ場合は、配達員に修理費用も支払います。
Apple Pencilは故障品として渡すのは本体のみ、キャップやペン先は返却する必要ありません。予備として手元に残すのがおすすめです。

代替品のApple Pencil

代替品に不具合がある場合は30日以内(修理サービスのご案内に記載の日付まで)にAppleのサポートに連絡します。修理サービス後の保証期間は90日間です。
保証期間内の無償修理の場合、元々の故障品の保証期間か代替品到着後90日間のいづれか長いほうが保証期間となります。

Apple Pencil 修理費用

修理費用は保証期間内である1年以内の自然故障は無償ですが、1年以内でも保証対象外の故障(破損・改造など過失によるもの)の場合は有償修理となります。
またiPadとペンを同時購入した時にのみ加入できるApple PencilのAppleCare+に加入している場合は保証対象外修理を2回まで3,400円で受けることができます。
修理といってもAppel Pencilはバッテリー修理を含め、新品と同等の代替品との交換です。

その他、故障ではありませんがキャップを紛失した場合、サポートに直接依頼すれば通常単体では販売されていないキャップを1,200円(税別)で購入可能です。

※金額は税抜き
 修理内容第1世代第2世代
保証期間内バッテリー修理無償
自然故障修理無償
保証対象外修理7,900円12,200円
保証期間外バッテリー修理3,200円
その他の修理7,900円12,200円
保証対象外修理(AppleCare+加入)3,400円

まとめ

Apple Pencilのトラブルで多いのはペアリングなど接続トラブルと、正常に充電できないバッテリートラブルの2つがほとんどです。

接続トラブルは自己解決可能なケースが多いものの、バッテリートラブルは問題が出た時点で電池が劣化してることが多く、高確率で修理が必要です。

バッテリーは消耗品のため、500回程度フル充電を繰り返すと寿命を迎えます。
2015年や2016年に製造されたApple Pencilを日常的に使用していれば、そろそろバッテリーに問題が起こってもおかしくないタイミングです。
中古でApple Pencilを購入する場合、前オーナーの使用期間に注意したほうがよいでしょう。

保証期間外の修理費用は高額です。日頃からバッテリーをケアし、できるだけ寿命を延ばすため、充電100%を超えて長時間放置(過充電) 、充電0%で長期間放置 (過放電) しないよう心掛けましょう。

新旧のApple Pencil。
最新情報をチェックしよう!
Loading...